医療道具一式

埋没法と切開法

二重まぶたの手術の種類には、「埋没法」「部分切開法」「全切開法」などがあります。
埋没法は10分程度で終わるメスを使用しないプチ整形です。
まぶたの内側にある、目を開くときに使う筋肉に医療用の糸を埋め込み、自然に二重のラインを作ることができます。
部分切開法は手術自体は糸を埋め込む埋没法と一緒ですが、最初に数ミリ切開して瞼の脂肪の一部を取り除きます。
腫れぼったい瞼の人に適しています。
全切開法は一番確実な二重の手術です。
もっとも瞼が重い人に適しています。
二重のラインに沿ってメスを入れて、そこから脂肪を取り除き、縫い合わせていきます。
他の手術では元に戻るリスクがありますが、全切開法は元に戻らないというメリットがあります。

目元を変えるだけで容姿を美しくできるのが二重まぶたの手術です。
埋没法は簡単な手術ではありますが、手術にはかわりはないのでリスクもあります。
しっかりと病院の下調べをして、信頼できる医師のもとで行うことが大切です。
また、埋没法は取れやすいという特徴があります。
中には元に戻った場合は再手術を無料でしてくれる所もあります。
病院を選ぶときは、料金面だけではなく、サービス面もチェックすることが重要です。
埋没法や部分切開法はラインが気に入らない場合は元に戻すことができます。
しかし、全切開法で手術をした場合、一度作った二重の幅や形などは永久的に変える事はできなくなります。
一時期の流行にとらわれず、自分の顔立ちにあった自然な形になるように手術を受けることが大切です。